名古屋商工協同組合協会
協会概要
概要
協会のあゆみ
歴代会長
所在地マップ
協会員一覧
協会事業
総会・懇親会
表彰式・記念講演会
名古屋市との懇談会
優良企業・施設見学会
新春講演会・懇親会
叙勲・褒章受賞者
叙勲・褒章受賞者
協会だより
名古屋市助成制度
外部人材育成
補助金・交付金
入会のご案内
関連先リンク

HOME>協会概要>会長挨拶
会長挨拶
 
  名古屋商工協同組合協会
 会長 谷口仁志
 新年のごあいさつ
 
 新年、明けましておめでとうございます。会員組合の皆様には、お健やかに新しい年を迎えられたことをお慶び申し上げます。旧年中の暖かいご支援に感謝いたしますとともに、本年も変わらぬお力添えを賜りますようお願い申し上げます。

 さて、昨年を振り返ってみますと、海外では、アメリカファーストを掲げるトランプ大統領の就任、韓国大統領の交代、北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射訓練、中国共産党大会の開催等、あわただしい世界情勢の変動がありました。

 国内では、東京株式市場の日経平均株価が史上初めて、15営業日連続で上昇し、景気は回復基調にあります。東海地域の経済動向をみましても、主力の輸送機械は、自動車部品が海外向けを中心に好調なことから、増加の動きにあります。

 しかしながら、一方において大手企業のデータ改ざん、無資格者による検査出荷等の事実が表面化し、日本の企業に対する信頼が低下するような事件が起きたのも事実です。かつて「メイド・イン・ジャパン」といえば、高品質・高性能製品の代名詞ともいうべき、世界中からトップクラスの信頼性を誇ってまいりました。信頼というのは築くのに多くの時間がかかりますが、失うのは一瞬です。私たち中小企業も含め、もう一度、「ものづくり」の原点に立った取り組みが大切であると実感しています。

 このような中、明るい話題として地元愛知県の中学生将棋棋士がプロデビューし、その後公式戦29連勝という、今まで誰もなしえていない記録を作り、一気に日本中が将棋フイーバーで沸きました。皆が何連勝までいくのか、固唾を飲んで見守っていたと思います。彼は、将棋の鍛錬にAI(人工知能)を積極的に活用し、従来にはない発想を将棋界に持ち込み、まさにイノベーションを起こしています。

 会員組合傘下の企業の皆様におかれましても、持続可能な発展を遂げ成長につなげていくためにも、IT化や省力化、人材の有効活用を図っていくことが大切かと存じます。 そのためにも、より一層、名古屋市との連携を緊密化し、助成制度の情報提供、功労者表彰、教育研修、異業種交流など幅広い事業を展開していきたいと考えています。

 昨年は、会員企業皆様のご支援、ご協力のお蔭をもちまして創立70周年を迎えることができました。これからも協会事業を有効にご活用いただくとともに組合員の皆様から忌憚のないご意見を賜り、より魅力的な協会づくりに努めてまいりたいと存じます。   どうか、この新しい年が、皆様各々にとりましても、飛躍の年となりますよう、ご期待申し上げまして私の新年の挨拶とさせていただきます。
宝船と犬1
名古屋商工協同組合協会
住所: 名古屋市千種区吹上二丁目6番3号 中小企業振興会館6階
電話: 052-735−2137 FAX: 052-735−2138